武井たか子の活動報告

ttakei.exblog.jp
ブログトップ

2019年2月16日 政治カフェ「憲法とは何か」 お話し 草薙順一さん(弁護士)

2017年秋の衆議院選挙で、安倍首相が9条改憲を言いだして、1年が過ぎようとしています。
もっと身近に憲法を学ぶ機会を持ちたいと、草薙弁護士をお招きし、「憲法とは何か」と、
政治カフェを開催しました。
憲法第13条『個人の尊重』
人はいかなる状況にあっても、存在することが尊く、その存在は尊重される
オウム真理教信者の死刑執行、障がい者の無差別殺人、LGBTへの生産性がない発言など
最近起きたことにあわせて、深く捉え、考えました。
このような機会をもっと持っていきたいなあと思いました。資料あります。

a0313684_19343885.jpg


# by takei-takako | 2019-02-16 19:37

2019年2月13日 臨時議会

本日、愛媛県議会臨時議会でした。
2月7日に成立した国の補正予算を受けて、
防災・減災、国土強靭化のための緊急対策等を含む一般会計110億8,602万円、
特別会計4億8,015万円、合計115億6,617万円の補正予算が上程され、可決しました。
私の担当は建設委員会です。
浸水想定区域図の整備事業として、1,500万円が計上されていました。
5つの河川、立岩川、岩松川、立間川、広見川、三間川で調査が行われ、そのデータに基づき、
市や町がマップにして、県民に周知する予定です。今年の雨季には間に合わず、来年までには
できるとのこと。豪雨が頻発する中、市や町と連携し、一日も早く情報を提供してほしいと
要望しました。
午後、本会議で各委員会の報告が行われました。
その中身は、事業の項目のみ、議論の中身は全く報告されません。
これが臨時議会のスタイルみたいですが、県民の貴重な税金を使うのですから、県民にもっと
わかるように報告すべきです。
おかしな慣行は改めるべきだとつくづく思いました。


# by takei-takako | 2019-02-13 15:41

えひめ性暴力被害者支援センターの開設から4か月

昨年9月、えひめ性暴力被害者支援センターが開設されています。
12月議会の一般質問でも報告されていましたが、
改めて、9月~12月の支援状況について、伺いました。
 電話相談70件(夜間コールセンター27件) ※述べ人数
 面接   7件
 10代と20代の相談が約6割となっています。
今後、加害者なども含めて分析し、被害防止、支援の充実など施策に
反映させてほしいと要望しました。
また、2019年度当初予算への予算要望にも加えました。
性暴力は許さない!という態度で引き続き注目していきます。





# by takei-takako | 2019-02-09 13:24

えひめ性暴力被害者支援センターの開設から4か月

昨年9月、えひめ性暴力被害者支援センターが開設されています。
12月議会の一般質問でも報告されていましたが、
改めて、9月~12月の支援状況について、伺いました。
 電話相談70件(夜間コールセンター27件) ※述べ人数
 面接   7件
 10代と20代の相談が約6割となっています。
今後、加害者なども含めて分析し、被害防止、支援の充実など施策に
反映させてほしいと要望しました。
また、2019年度当初予算への予算要望にも加えました。
性暴力は許さない!という態度で引き続き注目していきます。





# by takei-takako | 2019-02-09 13:24

1月29日、2019年度当初予算要望書を提出

ほとんど2019年度当初予算の査定も終わっている今頃、各会派から予算要望が行われます。
予算がほぼ固まった時期に要望し、どこまで反映できるのか、疑問もあるところですが、
今年もネットワーク市民の窓として、要望書を提出しました。
以下、主な内容をご報告します。

①7月豪雨災害で被災した方々の暮らしの再建を
 生活再建において、新たに生じた課題に対し、柔軟に対応すること
 肱川水系河川整備において、山鳥坂ダムは一時凍結し、遅れている堤防工事や河床掘削
 を優先的に行い、住民の声を取り入れた整備計画へと見なおすこと
②若者も女性も障がい者も働き続けられる環境整備を
 セクハラ、パワハラ対策の徹底
 育児休業取得の推進(男性の)
 障がい者雇用において、障がい者差別禁止指針、合理的配慮指針に基づく、
 働き続けられる環境を整備し、安定した雇用を提供すること
③子どもたちが育つ環境整備を
 子どもの医療費は中学校まで無料化すること
 児童相談所の充実強化を図ること
 南予地域で県立高校に特別支援学校の分校を設置すること
 夜間中学の設置
 学校のトイレの洋式化の促進
④あらゆる分野で男女共同参画の推進を
 男女共同参画推進事業への予算を優先的に
 性暴力被害者支援センターへの予算の充実と相談・支援状況を検証し、さらなる対策強化
望まない妊娠を防ぎ、安心して相談できる窓口の設置
 災害後の女性や子どもへの暴力防止に細心の対応を行うこと
⑤伊方原発3号機を廃炉に
 乾式貯蔵施設の建設は六ケ所再処理工場への搬出が確実になるまで中止、
 使用済み核燃料の処理について、広く県民に知らせ、議論の場を設けること
 各市町の自然エネルギーの開発、エネルギーの地産地消の取り組みを支援すること
⑥戦争のない、平和な社会の実現へ
 平和教育により力を注ぐこと
 多文化共生教育の充実
⑦その他重点的に取り組む政策
 加計学園への建設費への補助は行わないこと
 犬猫の殺処分ゼロへむけて対策の充実・強化を図ること
 公文書を保存し、県民に公開する拠点として公文書館を建設すること


 
 


# by takei-takako | 2019-01-30 17:21

2019年の始まり

明けましておめでとうございます。
2019年の年明けは穏やかな天気でしたが、3日夕方の熊本地震には驚かされました。
昨年も災害が続きましたが、災害は容赦なく襲ってくると改めて痛感しました。
南海トラフ巨大地震もいつ起きてもおかしくないと言われています。
災害がおきるたびに、原発は大丈夫かと心配しなければならない、リスクの高い世の中は変えたいです。
2018年12月28日 街頭行動
a0313684_12301079.jpg


# by takei-takako | 2019-01-08 12:34

2018年9月21日 伊方原発3号機の再稼働にNo!!

2018年10月28日、四国電力は伊方原発3号機を再稼働しました。
10月21日、伊方原発をとめる会の反対集会で、
「私たちはあきらめない!原発をとめるまで訴え続けよう!」と呼びかけました。
どう考えてもおかしい。
電気は足りている。
福島第一原発事故は収束していない。
子どもの甲状腺がんが発症している。
原発事故が起きたら、私たちはどうなるのかを学んだ。
ドイツ、台湾、韓国と脱原発は世界の潮流になってきた、取り残される日本。
使用済み核燃料の処分は決まっていない。
もちろん使用済みMOX燃料の処分も決まっていない。
愛媛は、伊方は、核の最終処分場になるのか。
無責任な大人は未来にこの厄介なごみを押し付けるつもりか。
これ以上、プルトニウムという核のゴミを出すのは罪です。
なのに、原発を動かし続ける国と電力会社、そこに待ったをかけられない愛媛県。
無理無理だらけの原発再稼働、
問題を子どもへ先おくることは断じて認められません。
脱原発を一日たりとも忘れません。
a0313684_19110949.jpg





# by takei-takako | 2018-10-29 19:11

2018年10月29日 毎週月曜日の街頭行動「安保法制廃止、立憲主義をとりもどす」

2014年7月「集団的自衛権の行使」が閣議決定された時から、
党派を超え、松山市議会議員4名で街頭行動を始めました。
2015年9月には安保法制が強行採決されましたが、
「安保法制の廃止」「立憲主義をとり戻す」をずっと訴えています。
昨年11月からは愛媛県議会議員として加わっています。
こんなに続けてこられたのは、市民のみなさんのエールに支え
られているからです。
今日は、何枚目かで横断幕が新しくなりました。
何としても9条をかえたくない!!
a0313684_18320902.jpeg





# by takei-takako | 2018-10-29 18:34

2018年10月18日 愛媛県動物愛護センターを視察しました。

愛媛県動物愛護センターを視察しました。
今、大きな問題は犬猫の殺処分です。
愛媛県もピーク時と比べて減っているとはいえ、決して少ない数ではありません。
2017年度 引き取った犬804頭中、飼い主へ返還15頭、譲渡186頭、殺処分603頭
      引き取った猫1828頭中、飼い主へ返還8頭、譲渡96頭、殺処分1724頭
残念ながら、合計2327頭の犬猫を殺処分していました。
譲渡した282頭の内、110頭は譲渡を仲介しているボランティの方々の力によるもので、
17名のみなさんの努力には頭が下がります。
しかし、これ以外にも地域で個人や団体で保護している方々もたくさんいらっしゃいます。
それらを合わせると、センターの数字をはるかに超えるものになると思います。
私も現在2匹の子猫を保護して、里親さんを募集しているところです。
さて、この施設で最も厳しいのは殺処分を待つ犬猫と会うことでした。
毎週水・金に炭酸ガスによる殺処分を行っているのですが、
昨日も犬と猫がその時を待っていました。自分がなぜここにいるのかもわからない
悲しい目をしていました。涙なくしてはいられない光景です。
何の罪もない犬猫を殺す理由が見つかりません。
人間社会の都合で小さな命を人知れず殺すこと、もう終わりにしたいものです。




 

# by takei-takako | 2018-10-19 16:54

2018年10月8日 9条パレード

お天気に恵まれた秋祭りの後、3連休最終日に9条パレードが行われました。
私も参加し、3分間スピーチしました。
先日読んだ毎日新聞の記事の中で紹介されていた、
ドイツ出身の哲学者ハンナ・アーレントが指摘した言葉を紹介しました。
「ナチスの犯罪を可能にしたのは、悪魔や怪物のような強烈な『悪』ではなく、
思考停止状態で体制に追従した人々の平凡な『悪』だった。」
自民党総裁選で安倍首相は改憲、9条に自衛隊を書き込むと強気の発言です。
今、私たちの社会は、働き、働き、子育てや介護に追われたりと、
政治を思考するゆとりも奪われているような状況かもしれません。
そのことが、若い世代、子育て世代の投票率の低さにも表れているようです。
日々真面目に暮らす多くの人々が政治に関心を持たないことは体制への追従、
つまり9条改憲へ向かう安倍政権を認めることになると思いませんか。
憲法前文の一部
「日本国民は、恒久平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理念を
深く自覚するのであって、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、
われらの安全と生存を保持しようと決意した。」
なぜ、恒久平和を決意したのか?
日本国憲法が発信するものを問い続けることは平和への思いを強めてくれます。
どうか、みなさん、憲法を手に取って読んでみませんか。a0313684_11311875.jpg


# by takei-takako | 2018-10-15 11:35