武井たか子の活動報告

ttakei.exblog.jp
ブログトップ

2018年5月16日 政治分野における男女均等法が成立した!!

5月16日、やっと「政治分野における男女共同参画推進法」が成立しました。
1994年に設立した「議会に女性をおくる会」の活動を通して、法律による推進の必要性を痛感してきました。条文は努力義務にとどまり拘束力がないと言っても、一歩前進であることは確かです。感無量です。
この法律の成立を求め、4月10日女性参政権記念の日に、衆議院会館で院内集会を開きました。その時、愛媛から駆けつけて、下記の発言をいたしました。
  

 愛媛県議会議員武井多佳子です。私は、松山市議会議員を154カ月務め、昨年10月に行われた補欠選挙で愛媛県議会二人目の女性議員となりました。今、県議会の女性議員は定数45人、欠員243人中たった2人です。補欠選挙前の女性議員率は47都道府県中47位の最下位でした。残念ながら、県下20自治体においても女性議員は1割にも満たないのが現状です。女性議員が一人もいない「ゼロ議会」がまだ3自治体もあります。今日は、女性の政治参画後進県から、声を届けに参りました。

 しかし、何もしてこなかったわけではありません。

私は、1994年、仲間とともに「議会に女性をおくる会」を立ち上げ、今日まで活動してきました。選挙のノウハウを学ぶ「バックアップスクール」、女性議員の必要性を訴える「女性と政治キャンペーン」、クオータ制を始めとした学習会、ゼロ議会への申し入れ、「怒れる女子会」など、できることは何でもやってきました。自らも女性議員として役割を担うことから、活動を通して女性議員の必要性を訴えてきました。

党派を超え、ひとりでも女性議員が増えてほしいと啓発し、特に地盤・看板・かばんが弱い女性たちの応援にはできる限り駆けつけました。その中には首長選挙に果敢にチャレンジした女性も4人います。最近の選挙動向を見ると、立候補する女性は着実に増えており、希望も見えています。発足当初のメンバーには国政選挙にチャレンジした仲間もいます。「議会に女性をおくる会」を立ちあげて、24年目を迎えています。

本日は女性参政権施行72年を迎える記念すべき日ですが、私たちのこれまでの活動を通して提案したいことをお話しします。

それは、現状の見える化と女性の政治参画の啓発です。

 特に、女性議員「ゼロ議会」への働きかけに力を注いできましたが、女性議員数や全国での比較など、客観的なデータを広く知らせる必要があります。市川房枝記念会による調査結果を参考にさせていただいていますが、愛媛県は合併先進県ですから、選挙が統一されていないので、変化するデータを更新し、タイムリーに公表する意義は大きいと思います。昨年行われた4つのゼロ議会の選挙結果は3つの自治体で女性議員が誕生し、うち2つの自治体では女性候補がトップ当選しました。個々の実績や政策への評価はもちろんですが、私たちが応援した町議会議員選挙の住民の反応から「ゼロ議会」のインパクトが大きいことを実感しました。確かに、以前に比べて、議会に女性がいないことへの問題意識は高まってきています。しかし、「ゼロから1」を「1から複数」へと次のステージへ向かうにはまだまだ課題があると思います。そこで、まずは、積極的な見える化です。

次に、啓発です。私たちは、これまで様々な角度から取り組んできましたが、参加者数は少なく、政治的なことは嫌煙されがちです。しかし、予想外に高校生や子育て世代の参加もあり、うれしい経験もしてきました。24年地道に取り組んでこられたのは、この感動に支えられたからだと思います。しかし、一方、悩まされてきたのは、女性なら誰でもいいのかという問いです。では、男性の立候補者に対して、男性なら誰でもいいのかと問われるでしょうか。女性にだけ、このハードルをかすのはおかしいと思います。女性が政治に参画できないことの問題の本質が見えなくされていくと思います。政策決定の場に女性が発言権を得ることはまさに権利であり、複雑多様化する市民ニーズを反映させる上で重要な方策でもあります。今後理解を深める啓発は欠かせません。自治体が積極的に取り組んでほしいと思います。特に男女共同参画推進センターはもっとその役割を担っていただきたいと考えます。この意味から、法律に期待します。

せっかくの機会ですので、法律に沿って数点お願い申し上げます。

まず、法案第4条政党その他の政治団体の努力についてです。特に世界的にも低い日本の国会議員の中の女性議員をどう増やすかということには特段の努力が求められます。「自主的」ということから、各政党に委ねられるわけですが、目標を掲げ、その目標達成への最大限の努力がなされますことを心よりお願いいたします。

次は、女性の政治参画を推進する上で現在の選挙制度をも見直す柔軟な姿勢を持つことをお願いしたいです。広くは第7条の環境整備にも含まれると考えますが、例えば、小選挙区制度において女性議員が誕生するのは困難ではないかという点など、第5条実態の調査及び情報の収集等に基づいて、分析し、改善につなげていただきたいくよう、お願いします。

202030%目標を掲げています。2020年は目前です。2019年は統一選挙の年、選挙は4年に1回ですから、一度チャンスを逃したら、4年間先延ばしになります。取り組みが急がれます。あまりにも歩みが遅い中、議会の男女平等を願い、共に活動し、その日を見ることなく、亡くなった仲間たちはたくさんいらっしゃいます。私は、その仲間たちの切なる願いとあわせて、法律の速やかな成立と施行を強く求めるとともに、この法律によって女性議員が増えるという結果を一日も早く実現させたいと強く申し上げ、私の発言を終わりたいと思います。


[PR]
# by takei-takako | 2018-05-18 16:31

森林・林業・林産業現地視察で秋田県へ

a0313684_17433044.jpg

2018
326日~28日 
愛媛県議会森林・林業・林産業活性化促進議員連盟現地視察

★秋田県の木材利用の促進に関する県の施策について
木材利用促進を総合的に推進する秋田県の取り組みについて学ぶことができた。2016年に制定した木材利用促進条例に基づき、木材の優先利用、県産木材製品の販売・海外輸出の促進、技術の開発、人材育成などの施策を体系的に位置づけ、具体的に取り組んでいた。中でも、施設や住宅のみならず、風合いのある家具など、クオリティーの高い製品の開発にと取り組んでいる点が注目された。やはり、条例による裏付けが木材利用を促進することになっていることが理解できた。特に、興味深かったのは木育、子どものころから木に親しむことの大切さを実感する。秋田県水と緑の森づくり税事業が活用し、幼稚園、小中学校及び市町などに木育教育を支援している点が素晴らしいと.思った。

★国際教養大学の秋田杉を使った中嶋記念図書館、県産材を活用して木質化したJR秋田駅、秋田杉角材やユニットパネルを使った秋田県庁を見学した。
特に、JR秋田駅は秋田公立美術大学と行政、地元企業が連携し、駅、自由通路、待合ラウンジなどを県産材で統一したデザインで、木に癒される空間が作られていた。通過点ではなく、人が集うというコンセプトがとても新鮮だった。リフォームという形でうまく木質化ができるいい例だった。また、公立大学の協力が得られた効果も大きく、この手法も興味深かった。
2012年に設立したアスクウッド(秋田製材協同組合)は、年間10万㎥生産している東北最大級の木材工場で、幅広い製品を生産している。天然秋田杉銘木の加工も行うなど、地域優良材の活用にも取り組んでいた。スケールの大きさに圧倒された。
<写真はJR秋田駅>



[PR]
# by takei-takako | 2018-05-11 17:49 | 視察

卒業、入学の季節に気になること

先日、民間のフリースクール翼教室で行われた卒業式がニュースで報道されていました。
不登校で中学校を卒業した子どもたちは、その後どうしているのだろうかと、
卒業、入学の季節を迎えると、いつも気になってきました。
松山市教育委員会には、受験、進路、就職など相談窓口ぐらいは情報提供してほしいと
提案もしてきました。

さて、愛媛県では、県立高校を中途退学している人がいます。先日調べたところ、
2015年 230人、2016年 192人、2017年 164人 
このうち、他校に転入した人は1割程度です。
その後どうしているのだろうかと、とても気になります。
ひとり一人に丁寧に寄り添って学びを保障することは、大切な子ども支援だと考えます。

そんな折、4月5日の朝日新聞「高校生の妊娠、学業支える輪」を読んで、
もしかして、妊娠によって退学を選んだ人はいなかっただろうか、と気になります。
退学の理由として、上がっているかどうかわかりませんが、
早速県教委に聞き取りに行ってみたいと思います。
産む産まないは自分で決める「リプロダクティブ・ヘルツ・ライツ」はとても大事なこと。
高校生であっても同じです。また、その決断が学業に影響してはいけません。
妊娠・出産しても高校卒業が保障される制度を愛媛県でも考えていきたいと思います。



[PR]
# by takei-takako | 2018-04-05 17:49

2018年3月19日 愛媛県議会2月議会

愛媛県議会2月議会最終日に反対討論を行いました。
5分という限られた時間での討論です。


まず、定第6号平成30年度愛媛県一般会計予算について
時代は少子高齢人口減少社会へ急速に進み、私たちの想像を超えるほど大きく変化しています。愛媛県の高齢化率は31%、約3人に1人が65 以上の高齢者です。団塊世代が75歳を迎える2025年も目前です。このような時代を背景に、JR松山駅付近連続立体交差事業や山鳥坂ダムなど何十年も前に計画された大型公共事業は、エネルギーや自然環境、財政、費用対効果など幅広い観点から、持続可能性に照らして、その必要性を見直す時期にあると考えます。今、全国の自治体で右肩上がりを前提に建てた公共施設が縮小、廃止も視野に入れた厳しい選択に迫られています。インフラやプラントも同様、維持更新への精査が求められています。愛媛県ではえひめ国体を冠に掲げてJR高架事業を押し進めてきましたが、昨年事業採択後10年が経過し再評価が行われました。完成年度が2024年度へ延び、事業費は386億円から484億円に増え、 B/C(費用便益比)が1.55から1.03へ下がりました。 四国新幹線誘致に向けた動きも始まり、その整合性をどう図るのか、新たな課題も見えています。一度始めた公共事業も柔軟に見直すという発想の転換を求めて、この予算に反対します。

次に、定第25号平成29年度愛媛県一般会計補正予算(第8号)について

今治新都市中核施設整備費補助金は、国家戦略特区における選定過程の情報開示が不十分なままで、公正公平性を確認できず、2018年開学ありきで進められていることは問題と考えます。この度、森友学園への国有地売却に関する公文書改ざんが急浮上し、安倍政権への不信が募る中、加計学園においても文科省の「総理のご意向」記録文書への疑念も深まっています。 さて、今議会において、この獣医学部建設費に139832万1千円を補助することに対し、愛媛県の説明責任が尽くされたとは思えません。職員が業務の一環として図面や積算を精査して補助金の妥当性をはかったのですから、資料を出して詳細に説明するのは当然のことと考えます。とりわけ将来的に何らかの形で使うというBSL(バイオセーフティレベル)3の施設の安全性に関する県民の懸念に答える責任は大きいと考えます。「公益性」として、若者の定着と地域経済の活性化を繰り返し強調されましたが、どう検証されるのでしょうか。また、卒業者の職域及び特定地域への就労を義務づけることができるのでしょうか。わが国では7人に1人の子どもが貧困状態にあり、さらに学費の高騰で多額の奨学金を背負う子どもたちが増えています。この切実な実態を最も理解しているはずの県と今治市は、本気で獣医師不足を解消するのなら、なぜ公立大学の設置にむけて努力しなかったのか、納得できません。残された課題に対する今後の誠意ある対応を求めて、この予算に反対します。


最後に、
定第56号愛媛県学校職員定数条例の一部を改正する条例に反対します。

先日、松山市教育委員会における20176月の調査で、概ね月80時間超の時間外労働、いわゆる過労死ラインを超えた教員が20%いたと報告されました。何と5人に1人の割合です。全国的に教員の長時間労働が問題となっています。県教委に伺いますと、時間外労働について県下の実態が十分に把握できていない状況です。当初予算には、新規事業として、スクールサポートスタッフ配置事業や部活動指導員配置促進事業が上がっていますが、今は、労働環境の改善が優先課題であり、これらの事業の効果を含め、改善が見えない段階で一律に定数削減するのは拙速だと考えます。


[PR]
# by takei-takako | 2018-03-23 11:37

2017年11月 愛媛県議会議員としてブログ再会

2017年9月30日に松山市議会議員を15年4か月で辞職し、
10月13日に愛媛県議会議員補欠選挙に立候補しました。
『戦争にNO、原発は廃炉、そして、ともに生きる社会を」
9日間の選挙期間、街頭演説中心で訴えました。
22日投票、台風の影響で1日延びた23日に開票した結果、
54,764票で当選させていただくことができました。
翌24日から県議会議員を務めさせていただいています。
活動の場が県下に広がって、みなさんに伝わりにくいこと
もあるかもしれません。
このブログなども活用して、発信していきたいと思います。




 

[PR]
# by takei-takako | 2017-11-15 17:08

2016年9月議会準備

マイパソコンのある机の上が片付き、ブログが書ける環境になりました。
机の上に資料の山を二山、三山と積み上げ、端によりながら、仕事をしていましたが、
もう限界、今日は9月議会を前に、整理し、処分しました。
資料を整理すると、次々と起こった問題を再確認できました。

何も起こらず、穏やかに教育や福祉を語れる時間がどれほど、あっただろうか。
裏金疑惑問題、産廃不適切処理、育鵬社教科書採択、水問題と難題に向き合い、
現地に立ち、調査し、視察し、研修し、質問し、
並行しながら、議会改革に取り組み、
その上、原発再稼働反対、安保法制反対と全く気がゆるせず、
参議院選挙にもまい進し、今日に至るです。
とにかく、こうやってブログに向き合えたことが本当のうれしい。
少しきれいになった、机、ヽ(^o^)丿
[PR]
# by takei-takako | 2016-08-24 19:29

3月議会始まる

2月19日から3月議会が始まっています。
パソコンに向き合って、質問の準備をしています。

1つは、学校における教師による生徒への暴力の問題
2つは、ひとり親家庭自立促進計画の課題と女性の就労支援 
3つは、原発事故時の避難計画
4つは、ラブホテル、偽装ラブホテルへの指導
5つは、住宅政策
6つは、財政問題
 
と、今のところは考えていますが、どうも限られた時間では難しそうです。
どこかを6月議会にしなければならないかもしれません。
やはり質問時間が年間60分ではが少なすぎます。

私の質問は、3月4日(金)午後の2番目です。
傍聴にいらしてください。
[PR]
# by takei-takako | 2016-02-23 11:42 | 議会

2015年8月21・22日 生活保護問題議員学習会

生活保護の研修に参加してきました。
今年の開催地は神戸、震災から20年を迎えます。
子どもの貧困、高齢者の貧困、シングルマザーの貧困と貧困率が公表されたことによって
やっと実態が表に出るようになりました。
そして、貧困対策の必要性が問われる中、生活保護は切り下げが続いています。
矛盾しています。
分科会は「子どもの貧困対策と自治体」を選び、
京都山科醍醐・こどものひろば、民間の取り組みを聞きました。
貧困に特化するのでなく、子育ての中で、食事、学習、生活の支援を行う、
そこに、ちゃんと文化もあり、とてもいい視点での活動が展開されていました。
「健康で文化的な最低限度の生活を営む権利」について心底考えさせられます。

※2日間の会場 長田区双葉小学校を活用した神戸市立地域人材育成センター前にて
a0313684_13321044.jpg

※若松公園 鉄人28号モニュメント
a0313684_13341431.jpg

[PR]
# by takei-takako | 2015-09-01 13:35

「安保法制」廃案へ 超党派の松山市議会議員で街頭行動

閣議決定された、5月から、毎週月曜日12:30~13:00、市駅前か、坊ちゃん広場で街頭行動しています。
国会中継を見るとますます疑問が深まりますよね。
市民のみなさんから、私も「反対です。」と声をかけられます。
また、自分に何かできないかとも問われます。
まずは、その声を国会議員に届けてほしいです。
チラシ配布にご協力いただける方、アピールできるものを持っての参加、歓迎します。
ご参加、ご協力をお願します。。
a0313684_16585144.jpg

[PR]
# by takei-takako | 2015-08-05 17:07

子ども・子育て新制度について、一日研修に参加

2014年11月15日
2015年4月から始まる子ども・子育て新制度の最新情報を得るため、岡山に行ってきました。
子育てしやすい社会に向けて制度を充実させることには賛成です。
しかし、子ども・子育て支援新制度には問題が多々あります。
まず、未来ある子どもを育てるという何よりも優先すべきことを
消費税増税が前提などという変な縛りをかけるべきではない、基本姿勢が間違っています。
やっと、詳細が見えたところで、その問題点が浮き彫りとなりました。
現場における事務量の増大、保育士配置基準の格差、給食の外部搬入を認めることなどです。
これらは保育の質に直結するものであり、見過ごせません。
制度の見直しが必要です。

a0313684_17263887.jpg
a0313684_1727173.jpg
a0313684_17271897.jpg
※ 帰りはアンパンマン列車でした。
[PR]
# by takei-takako | 2015-01-20 17:31 | 研修